会社が行う身だしなみに伴う服装研修について

制服を貸与として用意している場合

会社が制服として貸与する場合があります。制服は女性に多く、男性の場合は作業が伴う職場の場合に貸与されるところがあります。制服は個別の違いが無くなるのが特徴ですし、一目で職員であることがわかります。そのため、会社では身だしなみの一つとして統一した決まり事を設けています。例えば、ネームプレートの位置は決められていたり、制服に合わせた靴の高さや色なども決まっているのです。研修では、これらの決まりごとを説明するだけでなく、制服を着用させて一人一人点検をし、違いを正すほど徹底をさせています。

制服がある男性の場合の服装研修

制服がある男性社員の服装研修は、日常生活の衣服の買い方から始まります。特に、独身の場合は着の身着のままとなれば、制服以外のワイシャツや靴下などの色が問題なのです。ワイシャツを制服として貸与している会社は稀で、自前で購入しなければなりません。従って、入社段階で「着て来てはならない色」を決めているのです。更に、ネクタイも避けなければならない「模倣もの」などを指定しています。ズボンのベルト通しのあるものは、必ずベルト着用を義務付けているところが多いのです。

制服研修は身だしなみ研修でもあります

服装の研修は服装に関心が行きがちですが、実はそれ以外の方が研修として重要になるのです。会社で制服を用意することで、会社が求めるレベルに外見は統一できますが、服装は人間の身体の一部分でしかありません。服装に伴って、それ以外の決まり事や注意点をしっかりと教育しておかなければなります。そうして、大切なことは何故わが社ではこのような決り事を作っているのかの理由を解説する必要があります。例えば、女性であれば厚化粧、男性であればスキンヘッドなどがそれに該当します。

社員研修を行うことによって、社員一人一人の実力を上げることが可能になります。だからこそ、研修の内容をしっかり決めてから行うことも大切です。