読者が殺到するホームページを作るための3つの要素

読者のために見やすい文章を

ホームページを作るからには、読者を集めることが大切だと言えます。そのためには、読者のためになる工夫を施す必要があり、それが読者が殺到するホームページを作る第1歩となります。優先すべきことは、メインである文章をとにかく見やすくする必要があります。文章をダラダラ書くのではなく、空行や改行を数行入れ、文章をブロック分けすることがオススメです。これによって文章を読ませるのではなく見せることができ、読者にストレスを与えることがなくなります。

価値ある情報を提供するために長文にする

ホームページのメインの文章が短ければ価値がなく、読者も読む気にはならないでしょう。どれだけ良い内容だったとしても、短ければ台無しです。だから、なるべく長文になるように書くことが大切です。大切なことを何度も言葉を変えて伝え、内容を膨らませることが求められます。さらに、読者がイメージできるように、より具体的に書くと良いでしょう。見やすい上に長文であれば、それだけ価値があり、追加で読者が内容を想像できる、イメージできれば何度も読みに足を運んでくれます。

途中の写真を入れて休みを挟む

文章をずっと読んでいると、どれだけ見やすかったとしても疲れてしまい、内容が頭に入りにくくなってしまいます。多少ストレスを感じることもあるので、読むことに対して休みをこちらから提供すると良いでしょう。その方法としてオススメなのが、文章内容に関係のある写真を載せることです。写真を載せることでイメージを膨らませ、さらに目を休ませる効果を発揮します。価値を与えることもできるので、読者を増やすための手段として必須と言えます。ただし、何枚も入れ、文章が少なくならないよう注意しましょう。

ホームページ制作の料金相場は、外注先の基準に大きく影響を受けますが、具体的な価格を知りたい時には見積もりを依頼することが大事です。